書道部

2020年10月の記事一覧

【書道部】「埼葛人権のつどい」書道パフォーマンス

 令和2年10月15日(木)、三郷市文化会館にて開催された、「 第29回埼葛人権を考えるつどい」にて、 書道パフォーマンス出演をさせて頂きました。

 

 本つどいは、人権啓発推進埼葛実行委員会を主催とし、三郷市、 八潮市、越谷市、吉川市、春日部市、杉戸町、幸手市、久喜市、 蓮田市、白岡市、宮代町、松伏町の12市町が一体となり、 各地域持ち回りで開催されている行事で、 今年は三郷市での開催でした。

三郷北高校書道部としては、第23回大会にも出演しています。

 

 今回の大会は「100万羽の折り鶴」の記念回であり、 ホールからエントランス内外、 道路を挟んだ早稲田公園に至るまでの折り鶴装飾(青色のステージ背景は全て折り鶴!)は圧巻の一言でし た。

 夏休み中に、看板や演目、出演団体などの筆耕物の制作依頼を受け、部員総出で揮毫しました

(後述しますが、部員達は会場装飾を鑑賞する余裕もありませんでしたが・・・。)

 

 今年度初の書道パフォーマンス!
一年生にとっては初めてのステージ。
コロナ下で客席制限がある中でしたが、それでも予想を遥かに上回る来場者や壮大な装飾。
更には2学期開始が早まったことにより中間考査最終日に当たって しまい、考査終了後に会場直行のバタバタ感。 直前練習ができぬ中での出演。
部員(&顧問)、 一同色々な意味で緊張MAXなステージとなりました。

 

 ちょうど一年前に依頼を頂戴してから、コロナ下で開催自体が危ぶまれたり、 時間短縮により出演が危ぶまれたり、 当日の部員欠席により残念ながら急遽ピンチヒッター(ピンチライター?)でぶっつけ本番に・・・などなど、たくさんの紆余曲折がありましたが、何とか無事終えることができました。

 

運営のご協力、保護者の皆様のご来場、ありがとうございました。

今回の書道パフォーマンスが、人権意識啓発の一助なることを願っております。

 

 次なる活動目標は、10月末にある本校での「しひの実発表会!」作品展示と書道パフォーマンスで参加します。

今回の反省点を活かして、3年生のラストステージを悔いなく飾ることができればと思います。

 

 

今年の大会テーマ:「雅」

「敦篤虚静(とんとくきょせい)」とは、″ 人情に厚くて心にわだかまりがなく、静かに落ち着いていること。 ″(出典:『近思録』「存養」)を意味する言葉です。