ハンドボール部

NEW 【ハンドボール部男子】新人戦県大会結果報告

11月26日に新人戦県大会の最終戦をむかえましたキラキラ

先日報告の通り、男子がベスト4に残り決勝リーグを戦いました。

初戦の浦和実業、次戦の浦和学院と強豪校との対戦を通じて、相手の強度のある攻めと守りへの対応に苦慮しながらも、諦める事がなく、粘り強い攻めと守りが表現される局面がみられました。特に守りは得点力のある両チームに対してある程度合格点の与えられるものだったと思います了解

そういった経験を重ねて、最後に川口東との3位決定戦となる試合をむかえました。これまでの2校よりは戦いやすいと分析していましたが、個々の能力は高く、波に乗せると勝負にならないなという印象でした。

立ち上がり良い感じで攻めてはいたものの、シュートの精度を欠いてリードを許しました。また本校の生命線の守りも積極性を欠いて、イマイチな序盤となりました。しかし、少しずつ相手の攻撃に対応しリズムをつかみ始めました。ただ攻撃は最後のシュートを相手キーパーに阻まれることが多くありました汗・焦る

前半は3点のリードを許し後半をむかえました。もう一度、やるべきことの共有をしてゲームに入りました。しかし、相変わらずシュートの確立が上がらず守っても点が入らない苦しい展開が続きました。3点差くらいがなかなか縮まらず終盤を迎え、いけそうな雰囲気もありましたが最後まで追いつけずに敗戦となりました心配・うーん

点数を競うスポーツなので得点をいかにあげるか、失点をいかに防ぐか。その両方が上手くいって勝ちに結び付きます。片方だけでは上位との試合は難しいという事を体感したと思います。ただ、上手くいっているものもあるのでそこは自信につなげ、更に精度を上げていく事が重要かなと思います。

そして何より地道に辛抱強く取り組む、諦めずにやり続ける事がスポーツでは最も重要だと感じています。チームのために、応援してくださる方々のために、最後は自分のために、頑張ることが高校生の部活動の姿だと思っているので、そういう姿を今回見せてくれたところが多いなと感じています。対戦相手の先生方からも本校の頑張りを称える言葉を頂きました合格そういった事や、この大会の経験を励みに、春にむけて精進していきたいと思います。

最後に多くの試合を応援頂いた保護者をはじめとする関係者の皆さんと大会運営に関わって頂いた方々、生徒の皆さんに感謝を申し上げます。ありがとうございましたお辞儀