男子バスケットボール部

【男子バスケ】新人戦支部予選終了+諸々...

こんにちはにっこり

新人戦支部予選が終了しましたので、総括として、想いも含めて記載できればと思います!

まずは、県大会出場48チームの中に入ることができて良かったと思います!本校の大会への取り組みと、結果を受けてですが、夏の大会結果をもとに16シードとして2回戦から参戦しました。初戦が春日部工業とのゲームで、春日部工業は2回戦目となりましたが、このゲームはユニフォームを与えた15名全員が出場することができての勝利とすることができました。続く3回戦は、優先順位2の越谷西高校でした。実は、私の前任校が越谷西高校で、あのユニフォームや横断幕のデザインは私がしたので、思い入れもあるチームです。すでに3年が経ってますので、チームも完全に変わっていますが、やっぱりユニフォームのデザインかっこいいなぁ〜とか思いましたニヒヒ三郷北に来てからも、かっこいいロゴをデザインしたいな〜と思いながら、ユニフォームやグッズを作成したのを思い出しました!キャラクターロゴを次年度に向けて入れたいな〜とか、いまは考えています興奮・ヤッター!話が脱線しましたが、ゲームの内容としては、終始臆することなく勝負することができていたかなと思います!イージーショットやターンオーバーがやはり目立ちましたが、自分たちの持てる現在の力は出せたと思います了解ファールトラブルまで含めて、私のチームづくりが至らなかったからだと思います。悔しい負け方をさせてしまいました。ゲームを見ていなければ、最終スコアのみの情報となると思いますが、内容としての差は、1桁だと思うので、よく言われる指導者の責任だと思ってます!この日が敗戦となりましたので、最終日に越ケ谷高校と県大会を決める決定戦をすることとなりました!身長差があるゲームとなることはわかっていましたが、立ち上がりからリズムがつかめずいました!2Q以降は、ペースを掴むことができ、100点オーバーのゲームで勝利することができ、県大会出場を決めることができました了解これで3年連続となります!県大会出場は簡単なことではないと思っています!しっかりと支部の代表としてゲームをすることができればと思いますOK

私は、審判部に属していてレフリーもやるので、今大会を通じて感じたことを少し。ジャッジへの異論アピールをする選手がとても増えたと感じます心配・うーん私も選手の時代があったので、気持ちはわかります。今は、コーチが声を荒らげてレフリーに詰め寄るとか、そういう時代でもなく、ルール化もされました(インテグリティ)。これは、とてもやりやすくなったことだと感じています了解ですが、選手がクリーン・ザ・ゲームに反することが増えたように感じます。どちらも一生懸命やっていればブロッキングとチャージングなんて紙一重だと思います。また、プロでもわざとファールにみせるようにプレーする人がいるのも事実としてあります。もちろんそういった影響が出ていること、バスケットレベルが上がっていることが要因だと思いますが、見ていて不愉快に感じることが増えました。小言のようで、こういった内容は好きではないですが、私は三郷北の指導者でもあるので、選手のプレー中のストレスを軽減させてあげることが必要なのもわかります。ただ、自分の意図しないことをレフリーや相手、チームメイトへアピールするのはちがくないか?と思います疲れる・フラフラバスケットに真剣に携わっている人たちは、コーチ・プレーヤー・レフリー・応援者等々みんな好きで始めたし、関わってると思います。お金をもらってやってるのではない以上、そういった部分を大切にすべきではないか?と感じます。プロは、ズルをしてでも結果が求められます。(本当は、大谷翔平選手みたいに非の打ち所がないのが一番だと思いますが)でも、高校バスケは、これからの人生のが長いので、人としての部分で成長させてあげることが大切なのではないかなと思います。私は、そんなチームづくりがしたいと思っています!愚痴のようになってしまい、失礼しました。

何がともあれ、支部の代表として県大会に出させてもらうので、しっかり支部に還元できるように頑張らせたいと思います!!

P.S  選手たちは、先日のミーティングで県大会の目標を「ベスト8」としたようです了解