トップニュース

お知らせ

早稲田小学校とのスポーツ交流

 9月17日 近隣の早稲田小学校において陸上競技大会の練習補助を行いました。
ボール投げ、リレー、長距離走、幅跳び、高跳びにおいて声掛けや記録の出るコツなどを教えたりしました。スポーツを通して小学生とのいい交流を持つことができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。



本校の男子バスケットボール部、剣道部が参加しました。

台風15号への対応について

     台風15号への対応について

 台風15号は、9月8日(日)~9日(月)にかけて西日本・東日本に接近・上陸の恐れがあるという予報が出ています。

 9月9日(月)登校にあたっては、身の安全を充分に確保してください。台風の影響、公共交通機関の不通等により始業時刻に間に合わない場合、学校への連絡は不要です。

1学年進路レポート発表会

 9月5日 LHRの時間を使って第1学年で進路レポート発表会を行いました。
 夏休みの課題として、進学希望者にはキャンパス見学レポート、就職希望者には職業インタビューカード、看護師希望者には看護体験レポートがそれぞれ課されました。
 本日はそのレポート内容を班で発表し合い、良い内容のものをさらにクラスで発表するというものでした。自分が調べた分野以外の話を聞けたのはいい経験になったと思います。
 

第1回学校説明会

8/21(水)に三郷市文化会館で三郷北高校第1回学校説明会を行いました。
暑い中、多くの中学生・保護者の方に来場いただき、教員・生徒ともに嬉しく思っております。また、吹奏楽部演奏や書道部パフォーマンスを通して本校生徒の活躍する姿を見ていただくことができてよかったと思っております。

2学期以降も生徒募集行事を行っていきますので、三郷北高校に興味を持った方はせひ参加をしてください!!お待ちしております。

↑吹奏楽部演奏

↑書道部パフォーマンス(本校スローガンの「青春の夢を実現しよう」を書きました)

令和1年度夏休み・生徒募集編⑤


 体験部活動は本日8/6が最終日です。4日間で103名の中学生が来校し、体験・見学をしていきました。中学生の皆さん、暑い中どうもありがとございました。部活動は高校生活の支えになることでしょう。どの高校に入っても、ぜひ部活動で頑張ることを期待します。
 さて、8月21日(水)に学校説明会があります。10:00から三郷市文化会館で実施します。本校に興味を持った方、ちょっと気になるな、などという方、ぜひご来場ください。
  弓道部
  ハンドボール部
  ソフトテニス部(奥に硬式テニス部)
 

令和1年度夏休み・生徒募集編④


 8月5日(月)、6日(火)、本校の体験部活動(中学3年生向け)が行われています。7月24、25日に引き続き、通算4日間となります。本日5日は運動部、文化部に28名の参加者がありました。それぞれ部活動の先輩から丁寧に説明を受けていました。6日が最終日になります。ぜひ見学、体験してみてはいかがでしょうか。
 なお、8月21日(水)は本校の学校説明会です。三郷文化会館にて10:00からです。予約はいりません。ぜひお越しください。詳細はこのHPで見られます。
 
   サッカー部(大会をやっていました)

   演劇部

PTA校外研修


 7月28日(土)本校PTA主催の校外研修が行われ、保護者を中心に30名の参加がありました。今年度は栃木県真岡市で、機織りの体験を実施しました。出来上がった作品は今年度の文化祭(しひの実祭、9月28日一般公開)に展示される予定です。どうぞご覧ください。
 学校教育は学校だけでは成り立ちません。保護者の協力があった初めて効果を発揮するものです。今後ともPTAにはお世話になります。どうぞよろしくお願いします。
 

令和1年度夏休み・中高連携編①


 本校の生徒3名(1年生2名、3年生1名)が、三郷市立彦糸中学校の補習授業(サマスタ、7/31~8/1)に学習ボランティア(指導の補助)として入っています。中学生にわかりやすく丁寧に指導しています。この日は数学の授業でしたが、「じゃあ、一緒にやってみようか」と声をかけている姿が印象的でした。中学生にとっても高校生にとっても、よい経験になることでしょう。なお、三郷市立彦糸中学校のHPでも見ることができます。

   

 
 

令和1年度夏休み・学習編③


 夏休みでも勉強はしたい、やらなければいけない、そういう生徒もいます。図書室で学習する姿もありました。なお、本校には廊下に「質問デスク」という学習スペースもあります。考査前などは大いに活用されています。 

  図書室で自主学習

  質問デスク

令和1年度夏休み・部活動編③


 運動部にスポットが当てられがちですが、夏休み中は文化部も頑張っています。ほんの少しですが紹介します。いずれの文化部も、9月の文化祭や2学期の大会に目標を定めているようです。

   書道部

   茶道部

   漫画研究部

令和1年度夏休み・生徒募集編③


 本日7/25(木)は中学生対象の体験部活動2日目でした。昨日と合わせ、47名の中学生が来校し、汗を流していました。本日は野球部が練習試合で、見学していた中学生もいました。日本の文化である部活動は大事に受け継がれています。ぜひ体験してみてください。来校していただいた中学生保護者の皆様、ありがとうございました。次回体験部活動は8/5(月)、6(火)です。お待ちしております。

   
 校舎5階から見る野球部           吹奏楽部

令和1年度夏休み・生徒会編①


 大きな学校行事である「しひの実祭(文化祭)」が9月に開催されます。夏休みを利用して、各団体が夏休みから準備を始めます。今回生徒会本部役員が正門に飾るアーチの装飾をしていました。どんなものが出来上がるのでしょうか。がんばれ!

      



令和1年度夏休み・学習編②


 3年生で進路目標達成のために本校では補習を行っています。今回は英語の補習を紹介します。各自の進路に向けて基礎力を固め、苦手を克服し、応用力を伸ばす。教員の狙いと生徒のやる気が合致したとき、大きな効果を生み出します。長期休業中だからできること、がんばれ!

令和1年度夏休み・学習編①


 夏休み中には、各教科で補習授業が行われます。進路に向けてのもの、高度な学びを提供するもの、1学期の遅れを挽回するものなどがあります。授業がないからこそ、学習習慣をつける意味で大事な取り組みです。写真にあるように、生徒が1人でも必要に応じて補習を行っています。がんばれ!

 
  

令和1年度夏休み・生徒募集編②


 部活体験はまず受付をします。中学校名、お名前等を記入し、指定された部活動場所に向かいます。安全に体験していただくために万が一のことを考え、保険等にも加入しております。安心して体験や見学をしてください。詳細(活動時間、活動場所等)はこのHPで見ることができます。ぜひ体験してみませんか。

  
    入口の案内         受付をしてから体験します

令和1年度夏休み・生徒募集編①


 7/24(水)、25(木)と8/5(月)、6(火)の4日間にわたり、中学生対象の体験部活動を行っています。見学はもちろん、体験することもできます。高校の部活動で得られるものは大きいものがあります。中学生の皆さん、ぜひ本校の部活動を体験してみませんか。詳細はこのHPでご覧になれます。参加自由ですのでお越しください。本日来校された中学生そして保護者の皆さん、どうもありがとうございます。


男女バレー部
  
 陸上部                卓球部

令和1年度夏休み・進路編②


 3年生進路希望は、本校の場合は大学、短大、専門学校、就職、公務員と多岐にわたり、どの分野にもまんべんなく希望者がいます。写真は4年制大学希望者の推薦入試のための面接練習です。面接は早い段階から準備をし、回数をこなすことで自信がつきます。しっかり指導を受けて、自分の良さをアピールしましょう。がんばれ!

 

令和1年度夏休み・部活動編②


 本日は男子バスケットボール部が練習試合を行っていました。夏休みは時間が有効に活用できます。練習試合をしたり、合宿に行ったり試合をすることで実践力が養えます。ひと夏超えると見違えるようにたくましくなります。自分を励まし、仲間を励まし、相手を敬い、一回り成長しましょう。がんばれ!

令和1年度夏休み・進路編①


 今回は進路編です。本校3年生のうち、現段階で就職を希望している生徒が40名います。これまでずっと就職指導をしてきましたが、夏休みはいよいよ会社見学です。どの学校もそうですが、本校でも夏休みのこの事前指導を利用して、会社見学の意味、あいさつの仕方、礼儀、マナー、教養等をしっかり身につけてもらいます。進路はある意味個人のものですが、皆で一致団結して望むことでより効果が表れます。がんばれ!

 

令和1年度夏休み・部活動編①


 夏季休業(夏休み)に入りました。授業はありませんが、三郷北高は生徒がいろいろな場面で活躍しています。何回かに分けて情報発信してゆきます。
 まずは部活動です。サッカー部が本日7/23(火)から2泊3日の日程で郊外合宿に出かけます。場所は長野県の菅平です。心身ともに鍛えたくましくなって帰ってきてください。そして8月の大会に向けてチーム力を高めてほしいと思います。がんばれ!

 

彩の国進学フェア2日目


 本日7月21日(日)進学フェア2日目が行われました。この2日間で本校のブースには176組の中学生と保護者が訪れました。学校の様子、授業のこと、部活動こと、生活指導についてなど、熱心に聞き入ってくれて、我々も自信をもって対応しました。
 三郷北高は「青春の夢を実現しよう」をスローガンにしており、高校生は毎日充実した生活を送っています。それにこたえられるよう教員も全力で応援します。興味をもたれた中学生と保護者の方は、夏季休業中に開催される本校の体験部活動、学校説明会等、ぜひ足を運んでください。詳細はこのHPでご覧になれます。
  御来場いただいた方々、どうもありがとうございました。




彩の国進学フェア


 7月20日(土)、21日(日)と2日間に渡り、彩の国進学フェアがさいたま市のスーパーアリーナで開催されます。各学校がブースをつくり、中学生相手に学校説明をするものです。本日は第1日目。さいたま市での開催でしたが、三郷、草加、越谷など、遠くからもたくさんの中学生や保護者がやってきて、本校の説明に聞き入ってくれました。どうもありがとうございます。本校のPRができたでしょうか。われわれスタッフは明日2日目も頑張ります。




第1学期終業式


 7月19日(金)第1学期終業式が行われました。校長講話、生徒指導主任講話、校歌斉唱と続きました。その後、表彰式が行われ、学期末に行われた球技大会をはじめ、英語検定、漢字検定、書道の表彰がありました。頑張った成果が表彰されることは実に素晴らしいことです。この夏休み、生徒の皆さんも何かにチャレンジしてみましょう。

  
   
             校長講話はここで見られます。

避難訓練→大掃除

7月18日、避難訓練と大掃除を実施しました。
「図書館で火災発生!」という放送から体育館への避難訓練を行いましたが、多くの生徒が私語をすることなく移動ができていました。
その後、教室に戻り大掃除を行いました。1学期間お世話になった校舎がとてもきれいになりました。
 

球技大会

7月16日、17日の2日間で球技大会を実施しました。
雨天のため、外種目の男子サッカー、女子ドッジボールが卓球へと変更にはなりましたが、どの種目においても熱戦が繰りひろげられていました。
各種目の優勝チームは以下の通りです。
<男子>バスケット2-6 卓球3-5
<女子>バスケット3-6 卓球2-7

  

部活動体験・見学

中学生のみなさんこんにちは。
今年度も部活動体験・見学を実施いたします。
三北の部活ってどうなんだろう?
厳しいのかな?
高校で新しい部活動を始めてみたいな。
部活動を引退して時間があるから行ってみようかな?

そう思ってる中学生の諸君。
ぜひこの機会を利用して三郷北高校の部活動を見に来てください

日程:7/24・25、8/5・6(4日間)
申込:事前申し込み不要、当日受付を行います。


本校の負担で保険にも加入いたしますので、安心して体験を行なうことができます。

三郷市立北中学校出前授業

 7月10日、三郷市立北中学校において、本校英語科教諭による出前授業をいたしました。三郷北高校での授業の様子が少しでも伝わったのかなと思います。
 また、出前授業に関してはいつでもお受けしますので、担当(教頭または広報担当)までお問い合わせください。

進路ガイダンス

 6月27日のLHRの時間を活用し、1・2学年を対象とした進路ガイダンスを(株)さんぽうの講師を招き実施いたしました。
 キャンパス見学を通して上級学校の特徴を知るために、注意点や参考になる情報をたくさん聞くことができました。「まだ受験には早いから・・・」と消極的にならず積極的に参加していきましょうという言葉が印象に残っております。
 

1学年 進路講演会

 6月25日(火)、総合的な探究の時間を使って、1年生を対象に、本校進路主事による進路講演会を実施しました。
 大学・短大、専門学校、就職の分野別進路の特徴や進学に関わる費用、今からやるべきことなど、進路決定をする上で重要な話を聞くことができました。

1学年 教育実習生に学ぶ

教育実習生4人より教師を目指した理由や大学での話、1年生へのメッセージなどを聞くことができました。「選択肢を増やすために勉強は必要」「進路を決める上で自分の強みを見つけるべき」「自信をもって頑張ったと言えることを身につけることが重要」「部活動を通して自分は成長できた。自分も教師になって生徒の成長を見てみたい」など非常に参考になる話を聞くことができました。1年生にとって大変有意義なひと時でした

吉川中央中PTA高校訪問

 吉川市立中央中学校のPTAの方々44名と中央中学校の校長先生に大型バスで御来校いただき、本校の概要説明や授業・校内見学を行いました。
 中学校PTAによる本校見学は、可能な限り受け付けております。高校を知る1つの材料としてお考え下さい。
 また、夏休みには進学フェアへの出展や学校説明会も行います。そのときは生徒さんと一緒に来ていただければと思います。



2学年進路分野別ガイダンス

 6月18日(火)、大学や短大、専門学校の方々に来ていただき、本校2年生を対象にした分野別のガイダンスを実施いたしました。どの生徒も希望の進路実現のために真剣に話を聞いていました。
 

 

放課後の三北

 校舎内を歩いていると「マクドナルド!?」と目を疑うような看板がありました。
実際は漫画研究部(manken)の活動場所でした。

奨学金説明会

3年生を対象に日本学生支援機構奨学金(予約採用)の説明会を実施しました。
3年生にとっては進路決定のための暑い夏がやってきます。
全員が希望の進路実現ができるよう頑張ってほしいです。

マネープラン講座

 2年生を対象に進路アドバイザーの方を招き、マネープラン講座を実施しました。高校卒業は人生のターニングポイントであること、未来の自分から進路を考えること、働くうえで考えるべき初任給や生涯賃金、進学するためのマネープラン等についてお聞きすることができました。


教育実習生を囲む会(2学年)

 現在教育実習生が来ています。6月10日(月)、2年生希望者を対象に、6名の実習生を囲んだ「教育実習生を囲む会」が開かれました。大学の志望理由、受験に向けて努力したこと、高校時代に頑張ったこと等を中心に話していただきました。
 実習生として戻ってきた母校では見える景色が違う、と実感のこもった言葉は、実習生全員に共通するものでした。入試に向けて今、心がけておきたいことは、参加者の今後の行動指標になる内容でした。教育学部受験を視野に入れて参加した2年生10名は真剣に聞き入りました。

6月朝礼 校長講話

6月朝礼 校長講話

 

令和元年6月3日

 

 みなさん、おはようございます。今日から衣替えになり、この壇上から見ると全く違った風景に見えます。衣替えというのも日本にとって大切な行事なのだなと感じます。我々は当たり前のようにこの衣替えを見ているけど、実は日本のように春夏秋冬がちょうどきれいに3か月ずつ味わえる国は、世界広しと言えどもそうないのだといわれます。南の方に行くと、1年中暑かったり、またヨーロッパの多くの国々では実は冬が長かったりします。この日本で生活できることは実に幸せなのだな、と今日の衣替えを見て改めてそう感じました。

 本日は皆さんに2点ほどお話しします。1点目は先週行われた体育祭についてです。私は今年度の入学式に1年生に向かって、そしてその前に行われた始業式では2・3年生に向かって言いました。高校生活で一番大切なことは勉学である。学問を自分のものにすることによって自分の心が豊かになり、今後の生活でも視野が広がる。ぜひ勉学を頑張ってもらいたい、とそういう話をしました。それは揺るぎのないことで絶対的に正しいことなのですが、実は我々大人は、自分の学校生活を振り返ると、学校の思い出としては、授業のことよりも体育祭とか、文化祭とか、部活動とか授業以外のことが大半だというのもこれまた事実です。どういうことなのでしょうか。勉学で得られたものは意識することなく自分に染み付いていて、ありがたいけど当たり前すぎて、考えるに及ばない。それより、学校行事のように特別に設定され、そして与えられる場に一生懸命になる、そういうのもまたありなのだなと感じます。そしてそれにかけたエネルギーが高ければ高いほど、大人になった時、思い出としてよみがえることなのでしょう。さて、先週の体育祭、私は本当に皆さんの頑張る姿を見て、校長としてよい思い出が作れました。特に私は視点を変えて見ていました。注目したのは頑張る選手よりも応援する人、陰で支える人です。主役が輝くにはわき役が必要です。放送とか、救護とか、用具の出し入れとか、最後にイスの足を雑巾でふくとか、係の仕事だといえばそれまでですが、一生懸命やることが皆さんの今後の生き方を支える柱を作ることになります。そういう意味で体育祭は実に良かったといえるでしょう。ぜひ、次はさらにアップした行事を見てみたいと思います。

 話の2つめは、命の大切さです。このところ、痛ましい事件・事故が続いています。交通事故で車にひかれて死亡したとか、突然の通り魔に刺されたとか、虐待によって子供が死亡したとか、新聞紙上をにぎわせています。先週の金曜日には、高校生が自転車で人をはねてしまい、それによって64歳の方がなくなってしまったというニュースもありました。被害者にはそれぞれの人生があります。新聞やテレビのニュースの情報では、人生これからという時に、ましてや幼児や小学生などと聞くと、本当に悲しくなってしまいます。残された家族のことを考えたり、命を失った方の周囲の方々のことを思うと、本当に心が痛みます。実は加害者側からの視点で見ても事情は様々です。不注意だったのか、防ぐことはできなかったのか、心や体のどこかに病があったのか、など、一概には語れませんが、加害者やその周辺の人生も狂わせてしまします。今平和に生きているということがどれだけ重要か、自分を今一度しっかり見つめてこれからを生きていきましょう。また同時に、自分の周囲の方も同じ人間です。相手の立場に立ち、相手を尊敬・尊重し、同じ人間社会を歩んでいけたらと思います。今ここにいられるという感謝の気持ちを持って、そして命の大切さを感じて、今後も歩んでほしいと思います。

 1学期もまだ半ば、勉学に、またその他の学校生活に励んでください。以上終わります。

4月 全校集会校長講話

全校集会 校長講話

 

平成31年4月26日

 

 皆さん、こんにちは。1年生は入学して3週間、高校生活をどのように感じていますか。戸惑う部分も多くあると思いますが、先生方や先輩たちに相談しながら、早く高校生活に慣れて、自分のリズムとして受け入れてみてください。

 今日はこの後、離任式があります。今年の3月まで皆さんがお世話になった先生方がここでお話をしてくださることになっています。今日お出でいただいた先生方には、三郷北高校での最後のメッセージを皆さんに残していただきます。しっかりと聞いてください。

 さて、それに先立ち、この全校集会の場で、私は皆さんに2つのことをお話しします。まず1つ目、明日からいわゆる10連休に入ります。この連休中には日本の国として大きな出来事を迎えます。それは元号が平成から令和に代わることです。それについての話です。そもそも何で10連休なのだろうというところから始まって、令和とか平成とか、あるいはその前の昭和とか、元号とは一体何なのだ、ほかの国ではそういうものはないのか、などというという疑問が次から次へとわいてきます。実はこういう身近な疑問を持ったり、それについて考えたりすることが、実は社会で生きていくうえで、ものすごく大切であり重要なことなのです。今自分が生きているのも、今皆さんがここ三郷北高校で高校生としていられるのも、先祖代々のおかげです。その意味で先祖を敬い、日本の伝統を大事にし、そして今の自分を取り巻く環境に感謝する、そして次の平和な時代につなげる、人間はそういう使命を持っています。というわけで、本日は皆さんに連休中の宿題を出します。それはぜひ新聞、テレビ、インターネット等でニュースを見て、元号が変わるということに関心を持ってほしいということです。平成あるいは令和という言葉にはどういう意味があったのか、平成から令和の移り変わりをしっかり目に焼き付けて、そして感じ取ってほしいと思います。先日、ある60歳の人とお話をする機会がありました。その方が言いました。「私は昭和に生まれて30年生きてきた。そして平成でも30年生きてきた。私の願いは次の令和で30年生きることです」と目を輝かせながら言っていました。

 話の2つ目は、本校のスローガンにもなっている夢の実現です。少し話はそれますが、今将棋界では10代の藤井聡太7段が話題になっています。皆さんと同じ高校生です。いずれ将棋界の最高峰である名人の位を取るだろうと言われています。実は、将棋界の長い歴史の中で自分の実力で名人になったのはこれまで13人しかいません。有名どころといえば、羽生善治さん、加藤一二三さんなどですが、その中に米長邦夫さんという方もいます。今はもうお亡くなりになりましたが、彼は、ほかのタイトルはたくさんとるのだけれど、最高峰といわれる名人のタイトルだけは一向にとれませんでした。彼は自分の何が足りないのだろうとあれこれ模索した結果、名人の位だけは、「自分でとるものではない、与えられるものだ」と悟ったそうです。与えられるもの、それは、自分の日常の姿勢を神様あるいはお天道様が見ていて、否の打ちどころのない、この人なら与えてよいだろうと判断された棋士にこそ名人の位が与えられるということです。さて本校のスローガン、夢を実現するためには、目標に向かって努力をすることはもちろん必要ですが、それ以上に高校生として、自分に正しく向きあっているか、その姿勢こそが大事なのではないでしょうか。それは普段の生きる姿勢そのものということです。周囲に感謝し、一歩下がって謙虚な気持ちを持つ、自分に恥じることはないか、悔いることはないか、そういうことを日々考えながら実行する、そういう人間にこそ、夢の実現に向けて神様が見方をしてくれるということです。難しいことはありません。皆さん、夢の実現にしっかりと進んでください。

最後に明日からの連休中、事故に巻き込まれないようにしてください。連休明けに元気な姿で登校してください。以上私の話を終わります。

体育祭

体育祭を実施いたしました。
雨のため、予行練習はできませんでしたが、本番は天気にも恵まれ最高の体育祭となりました。
今回身につけたクラスの団結力を球技大会や文化祭に生かしていってほしいと思います。

   
  
   
   

1学年遠足

1学年では茨城県のイバライドにおいて飯盒炊爨を行いました。
どの班も、自分たちで作り上げたおいしいカレーライスを食べ、親睦を深めることができました。
 

 

 

公開授業

 5月11日(土)に本校にて公開授業を実施いたします。
一覧を参考に授業の参観をしてください。

また、保護者の方は車での来校は御遠慮いただいております。
近隣のコンビニエンスストアへの駐車も同様に御遠慮ください。

   公開授業一覧(改訂版)

身体測定・体力テスト

 ポカポカした晴天のもと、体育館・グラウンドを用いて身体測定・体力テストを行いました。昨年度よりも記録が伸びているといいですね。
 

 

1学年校歌練習

 学年集会の中で、校歌の練習を行いました。
今後は全校集会や各行事で歌っていきます。
まずは歌詞を覚えてくださいね。

対面式・部活動見学

 1年生が入学して、二日目となりました。
本日は対面式(新入生と在校生の顔合わせ行事)と部活動見学を行いました。
対面式では、生徒会長の言葉・新入生の誓いの言葉・校歌紹介・部活動紹介などがあり、三郷北高校の雰囲気を掴めたのではないかと思います。
午後は部活動見学を各部で実施していました。
  

  

平成31年度 第40回入学式 式辞

平成31年度 第40回入学式 式辞

 

 厳しい冬に終わりをつげ、満開の桜、そして木々の柔らかな緑に春の息吹が感じられます。本日、4月8日、本校PTA会長様、後援会会長様をはじめ、多数のご来賓、保護者の皆様にご臨席を賜り、平成31年度、埼玉県立三郷北高等学校、第40回入学式を挙行できますことは望外の喜びであります。ここにおいでの皆様に厚く御礼申し上げます。

 ただいま、入学を許可いたしました、278名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。三郷北高校は皆さんを心から歓迎いたします。

 

 三郷北高校は「青春の夢を実現しよう」をスローガンに、地域に愛され、地域に根ざし、地域と共に歩む、生徒の夢の実現を目指す学校づくりに励んでいます。これまでに、1万1千余名の有為な卒業生を送り出し、地域からも高く評価されています。

 平成の時代の最後に入学した新入生の皆さんは、開校以来40年間、先輩たちが作り上げてきた三郷北高校の生徒として、自信と誇りを持ち、初心を忘れることなく、これからの三年間を過ごしてください。

 

 さて本日、高校生活の第一歩を踏み出した皆さんに、私からお願いしたいことが3点あります。1点目は当然のことながら勉学に励んでほしいということです。日々の授業や家庭学習に真剣に臨むことももちろん大切ですが、それだけが勉学ではありません。読書をする、日々のニュースや時事問題に関心を持つ、自分の意見を持つ、仲間と議論をする、これらもすべて勉学に通じます。あらゆることに好奇心を持ち、真剣に勉学に励むことで自分の世界が広がります。世界が広がればまた、未知の部分が増え、さらに好奇心を持ち勉学に励む。こういう図式が確立されるよう精一杯励んでください。

2点目は、広く、勉学以外のものに積極的にチャレンジしてほしいということです。学校内外に目を向けると、様々な場所が我々にチャンスを提供してくれます。例えば部活動や様々な学校行事です。青春時代を仲間とともに汗を流し、喜びも苦しみも分かち合える素晴らしい舞台が皆さんを待っています。今後の皆さんの人生に大きな影響を与えることでしょう。また例えば社会体験活動やボランティア活動。社会に貢献し参加する喜びや意義を与えてくれるとともに、一人一人の生きる意欲を喚起し、成長のきっかけを与えてくれます。18歳になれば皆さんにも選挙権が与えられます。そして将来の職業選択にも通じることでしょう。真剣に取り組んでこそ成果が得られます。 

3点目はお互いの人格を尊敬し、人に感謝する心を持つ人間に育ってほしいということです。十人十色とよく言うように、他人は自分にない何かを持っています。そこから何かを学び取ろう、吸収しようという謙虚な姿勢そのものが、自分の今後の人生を左右することでしょう。これまで自分を支えてくれた家族や仲間、お互いに尊敬し、感謝しあいながら、この高校というステージで新たな仲間とともに有意義な生活を送ってください。

現在、日本や世界を取り巻く状況は大きく変動し、先行きは不透明、不安定です。様々な困難が待ち受けているかもしれません。このような情勢だからこそぜひ皆さんに成長してもらい、どんな苦難にも負けないたくましく豊かなこころを自分自身の手で育てて欲しいと思います。勉学に励み、様々な体験にチャレンジし、周囲に感謝する心で今後の人生を自ら切り開いていってください。何事にも全力で取り組むことで、次が見えてきます。そう信じて三郷北高校での生活を本日からスタートさせてください。

 

 さて、本日お子様の入学式にあたり、保護者の皆様にも改めてお祝いの言葉を申し上げます。お子様のご入学、誠におめでとうございます。お子様を見守る、これまでの深い愛情があるからこそ、本日この式を迎えることができます。心から敬意を表します。

 9年間の義務教育の上に成り立つ3年間を、ここ三郷北高校で過ごすにあたり、本校教職員は、生徒のために労を惜しまず、全力で誠実に教育活動に取り組んで参りますことをお誓い申し上げます。1つ、保護者の皆様にもお願いがございます。心も体も成長するであろう高校時代は、中学時代とは違い、保護者の皆様から精神的に独立を目指しながら頑張ることになります。その頑張る姿、時には悩む姿をぜひよく見て、ほめて、時には励ましていただきたいと希望するばかりです。全力で取り組んだ暁には必ず成長が待っています。本校教育活動への、ご理解、ご協力を、お願いすると同時に、社会で生きる力をつけ、責任ある大人になれますよう、優しさと厳しさを兼ね備えた、ご家庭でのご指導をお願いいたします。

 

 ご来賓の皆様には、ご多用の中、ご臨席いただき、ありがとうございました。今後とも、本校教育活動にご支援をお願い申しあげます。新入生の皆さんのこれからの活躍と、有意義な高校生活を期待して、式辞といたします。

 

   平成31年4月8日  埼玉県立三郷北高等学校長  数野 裕之

平成30年度修了式 校長講話

平成30年度修了式 校長講話

 

平成31年3月22日

 

 みなさん、おはようございます。先ほどの校歌練習の時にも話がありましたが、卒業式での1、2年生の皆さんの立派な態度、ありがとう。卒業生や先生方だけではあんなに立派な卒業式にはなりません。皆さんがしっかりしていたことが大きいと思います。

 さて、今日で平成30年度も終わり、10日後には新しい年度、平成31年度が始まります。そして、その一月後には新しい元号が始まります。皆さんはちょうど時代の変わり目にいるのかもしれません。

 今日、皆さんに何をお話ししようか、ずっと考えていました。あの話もしたい、この話もしたいって。ただ、これまでずっと「皆さんには幸せになる権利がある。その権利を行使してほしい」とお話してきました。ですから、今日も「幸せになる権利の行使」のお話をします。

 2月の朝礼では「見返りを求めて挨拶をしてはいけない」とお話ししました。その後、とってもいい反応がありました。担任の先生を通してでしたが、1年生の男子から「見返りなんて求めてないって校長先生に言って」ということでした。私の話をきちんと聞いて、きちんと反応してくれたと感じています。どうもありがとう。

 「幸せになる権利を行使する」これまで、「ありがとう」を言おう。挨拶をしよう。悪口を言わない。こういうことが幸せになることにつながるとお話してきました。私は皆さんの4倍近く生きています。「幸せになる権利を行使しよう」とお話ししている私が幸せになっているかというと、どうでしょうか。少なくとも不幸せではありませんし、年を取るにつれて幸せが多くなっている気がしています。私は皆さんと同じころ、振り返ってみると、結構意地悪な生徒だったかもしれません。口に出さなくとも「あいつはこうだ」「俺の方が」などなど、自分を肯定したいために、友達や世の中のことを悪く思ったり、言ったりしてきたことは間違いありません。

 今、身近にある小さな幸せにも気が付くようになりました。どうしてそうなったのかなって考えてみると、やはり教師になったこと、子育てを家でも学校でもやってきたこと。これが小さな幸せに気が付く力を育てたんだろうと思います。

 ところで、LEDライトってわかりますよね。今、信号もLEDライトが多いと思います。信号が分かりやすいですから、帰りにでもちょっと見てください。赤も青も黄色も、信号って大きいんです。でも、ちょっと見ると分かりますが、小さな明かりが集まって大きく見えているんです。私は幸せも同じだと思っています。大きな幸せがあるんじゃない。小さな幸せが集まって大きな幸せになっているんだって。

 皆さんには、まず小さなことでもいい。身近にある幸せになる権利を行使してほしいと思います。小さなことに気が付く力を身に付けてください。

 それでは、平成30年度、お世話になった方に感謝を。そして、5月から元号が変わりますが、来年度、ここにいる皆さんが、そして三郷北高校がさらに成長することを願い、私の話を終わります。

1・2学年球技大会

 1・2学年球技大会を実施いたしました。
優勝チームは以下のとおりです。
<1学年>
男サッカー 1-8  女ドッヂ 1-1
男バスケ  1-6  女バスケ 1-5

<2学年>
男サッカー 2-6  女ドッヂ 2-2
男バスケ  2-2  女バスケ 2-3

どのチームも精一杯取り組んでおりました。
各部活の生徒や、体育委員のおかげで運営もスムーズに進めることができていました。

卒業生による進路講演会

 2日前に卒業式を終えた3年生を講師として招き、進路講演会を実施いたしました。
 順調に進路を決めた話や、一方で第一志望の学校には合格できなかったがもがき苦しんだ結果満足のいく進路決定ができた話など、1・2年生にとって非常に参考になる機会となったと思います。
 

第37回卒業証書授与式 校長式辞

平成30年度 第37回卒業証書授与式

式辞

 梅の花の香りが漂う今日、3月12日、埼玉県立三郷北高等学校第37回卒業証書授与式を挙行するにあたり、三郷市教育委員会指導主事様、本校学校評議員でもある三郷市立北中学校長様をはじめとして市内八中学校全てからご臨席を賜りました。誠にありがとうございます。幸房小学校長様にもご臨席いただきました。ありがとうございます。

 また、本校PTA・後援会からはPTA会長、後援会長をはじめてとして、顧問、副会長の皆様にもご臨席いただきました。皆様、誠にありがとうございます。ぜひ、三郷北高等学校第37期生の凛とした表情、しぐさをご覧いただきたく存じます。

 

 先ほど卒業証書を授与された第37期生272名の皆さん、そして保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。第37期生皆さんの卒業証書授与式を挙行できますこと、校長の私にとって喜びであると同時に誇りでもあります。

 赤学年。第37期生の皆さんと先生方に、改めておめでとうを言わせてください。ご卒業、本当におめでとうございます。

 

 3年前の平成28年4月8日、皆さんはこの埼玉県立三郷北高等学校に入学されました。それから3年たちました。日数では1,066日になります。卒業を迎えた今、その時、胸に抱いた期待と不安、思い出せますか。ぜひ、思い出してください。保護者の皆様も思い出していただきたい。赤学年の先生方も、第37期生を迎えるにあたって期待と不安を抱いていたことだろうと思います。先生方も思い出してください。生徒の皆さんも、先生方も、そして保護者の皆様も期待と不安を抱いてスタートを切ったことだろうと思います。

 今、思えばこの3年間はあっという間の3年間であったことでしょう。しかし、その3年間の毎日の日々にあっては、楽しいこと、嬉しいこと以上に、苦しいことが当然あったはずです。いろいろなことを感じたに違いありません。卒業生の皆さんが感じたように、保護者の皆様も、先生方もいろいろなことを感じていたはずです。

 卒業生の皆さん、保護者の皆様、赤学年の先生方、それぞれがそれぞれに思い、感じ、

悩み、ぶつかり合った3年間があったからこそ、今の第37期生がここにあります。ぶつからないような、なあなあの関係、なあなあの日々では今の皆さんの成長はなかったはずです。先生の中には、正直、教師としてまだまだ未熟な先生もいます。ただ、その先生も、生徒の皆さんがぶつかってきた時、決して逃げてはいなかった。正面から受けていた、そう思っています。決して器用に事を運ぼうとはしていないこの三郷北高校は、ここにいらっしゃる全員の方にとって成長の場であり、成長の原点である。校長として確信しています。

 

 卒業生の皆さんが精いっぱい自分を出して、自己表現してくれた姿は忘れられません。体育祭や文化祭、そして先日の感恩祭での生徒の皆さんの笑顔や真剣な表情は私の脳裏に刻まれています。また多くの部活動が日頃の練習の成果を発揮してくれました。いろいろな場面がいくつも思い出されます。

 昨年の5月3日、草加記念体育館で行われたハンドボール関東大会県予選、三郷北高校と越谷南高校が女子3位をかけて戦った試合です。結果は9対10で本校が負けてしまいました。負けでしたが、お互いに全力の試合、おそらく、本校の選手も、越谷南の選手も自分の持っている力よりずっと大きな力を出し切っていたのではないかと思っています。今、思い返しても、頑張れというにはあまりに全ての力を振り絞っていて、自分の心が震える試合だったと思います。

 これはハンドボール部の選手だけではなく、三郷北高校の生徒が全員、そうであると思っています。そんな三郷北高校の君たちを見て、その試合は負けてしまったんだけれど、なんて幸せな学校にいるんだろうと思えました。

 

 私から皆さんに最後のお願いです。この2年間、幸せになる権利を行使しようとお話ししてきました。今、皆さんは先行き不透明で、厳しい現実社会という大海原に船出しようとしています。荒波の中でどう船を操り、前に進めていけるのか。時には嵐を避け、港に入らなければならない。いろいろな判断、決断が求められます。この判断、決断に必要なものはまず知識です。そして知識を使う知恵です。三郷北高校で3年間を過ごした皆さんは、まだまだ知らいないことがたくさんある。けれど、先ほど申し上げたように、いろいろ考え、悩む中で、どう判断、どう決断するか、学んできたはずです。この三郷北高校を卒業し、勉強をしなくてもよくなったわけではありません。もっと大変な勉強が皆さんを待っています。進学する人、就職する人、進路は様々ですが、勉強することを忘れてはいけません。そして、三郷北高校は皆さんの母校であり、皆さんの原点であることは絶対忘れないでください。

 

 本日、この場にご列席いただいている保護者の皆様に改めてお祝いと感謝を述べさせていただきます。お子様のご卒業、おめでとうございます。そして、この3年間、本校に対するご支援とご協力、ありがとうございました。

 本日をもって、小中高の学校生活12年が終わります。この12年間、保護者の皆様にも様々、思いがあったはずですが、本日のお子様の成長した姿、いかがでしょうか。立派になったでしょうか。ぜひ、お子様の成長した姿を瞼に焼き付けていただきたいと思います。しかし、まだまだ未熟です。これから、保護者の皆様には親とはこういう存在なんだと、教えていただきたいと思います。

 

 結びに、本日、この場にいらっしゃる皆様方に厚く御礼申し上げますとともに、皆様とこの埼玉県立三郷北高等学校に関わる全ての方に幸多かれと願い、式辞といたします。

 

平成31年3月12日 埼玉県立三郷北高等学校長 小野塚邦彦

3学年卒業式練習

 3学年の登校日を利用し、卒業式の練習を行いました。
3年生が登校するのもあと2日です。
最高の卒業式が迎えられることを期待しています。


三郷栄中出前授業

 三郷市立栄中学校2年生を対象に学校説明と出前授業をさせて頂きました。高校の授業はいかがでしたか。
 今後も説明会等の行事を実施していきますので、興味を持った方はぜひ参加をしてください。


↑本校教諭による日本史の授業

雪の三北

先週末の雪で三郷北高校の校庭も雪景色となりました。(うっすらですが)
週明けには完全に溶けていたので、登校に支障はありませんでした。

認知症サポーター養成講座

平成31年1月25日(金)~31日(木)まで2学年全クラスの家庭総合で実施いたしました。

認知症サポーターとは、認知症について正しい知識を持ち、認知症の人や家族を応援するボランティアのことです。日常生活の中で認知症の人と出会ったときに適切な対応をすることで、認知症の人と介護をする家族の支えになることができることを目的とし、三郷市の高校では初めて実施いたしました。現場で働く専門家やボランティアの方(キャラバンメイト)をお招きし、講義とグループワークを行いました。

 

2月朝礼 校長講話

2月朝礼校長講話

 

 皆さん、おはようございます。

 今朝は寒かったですね。昨晩の雪で、畑だとか車だとかには少し雪が積もっていました。

 さて、今日から3年生が、家庭研修に入り、全校での集まりには1年生と2年生だけ、ちょっと寂しくなりました。3年生と過ごす日々もあと僅かです。1、2年生の皆さん、3年生にしっかり「ありがとう」を伝えてください。感恩祭も2週間後です。楽しみにしています。

 皆さんには日頃からいろいろとお願いをしています。2学期の終業式には「振り返ってください」、3学期の始業式には「目標を立ててください」。覚えていますか。

 今日は、何回も皆さんにお話ししていることを、もう一度お願いしようかと思います。それは、「ありがとう」と「挨拶」です。

 「ありがとう」ですが、今更ながら自分自身を振り返ってみると、皆さんよりうんと長く生きていますので、振り返りにも時間がかかるんですが、皆さんと同じ高校生だった時と今の自分で何ができるようになったかなって考えてみました。できることはたくさん増えたと思っていますが、何ができるようになったかを具体的に、うまく人に説明することができないんです。ただ、「ありがとう」だけはごくごく自然に出るようになりました。これは見返りを求めての「ありがとう」ではないんです。自分自身のための「ありがとう」だと思います。でも、昨日、コンビニでレジを済ませて、いつもと同じように「ありがとう」と言ったら、自分より年上の男性の店員さんが「こちらこそ」と返してくれたんです。「こちらこそ」。しばらく聞いたことがない言葉のような感じがして、嬉しかったです。

 「ありがとう」が自分の中で普通になってから、自分の心のいら立ちがめっきり少なくなったことは感じていましたが、昨日の「こちらこそ」でその思いを一層強くしました。「ありがとう」をうまく返してくれたなって感じです。

 もう一つ、「挨拶」です。生徒の皆さんから、保護者の皆さんから「挨拶しても、返してくれない先生がいる」という話を聞くことがあります。そのような先生がいたら、校長としてはちょっと残念です。でも、挨拶って、見返りを求めてのものではないと思っています。「返してくれない」っていうのは、『自分が挨拶してやってるのに、挨拶を返さないなんて』という思いがあるような気がします。見返りを求めての行動は、自分を苦しくするばかりです。見返りはあるんです。ただ、それはすぐではなく、明日かもしれないし、来年かもしれない。十年後、何十年もあとかもしれないんです。ですから、自分の心を豊かにするための挨拶だって思ってください。

 「ありがとう」も「挨拶」も自分の心を豊かにしてくれます。「ありがとう」も「挨拶」も自分の殻を柔らかくしてくれます。傷つけられるのが怖くて、自分の殻を固くする人が多いような気がしてますが、殻を固くすると自分自身を大きくすることができなくなります。殻を柔らかくして、内側から大きくなろうとする力を出させてほしいと思います。

 ぜひ、「ありがとう」と「挨拶」。実行してみてください。

 そして、いつもどおり、家に帰ったら、おうちの人に、「今日、校長がありがとうとあいさつの話をしてた」とお話ししてください。

 インフルエンザも流行っているようです。うがい、手洗い、しっかりやってください。

 以上です。

1学年 eポートフォリオ説明会

 ㈱ベネッセの方を招き、eポートフォリオ説明会を実施しました。
今の高校1年生が2年後に受験をするときから大学入試が大きく変わります。
今日の説明会の内容をしっかりと理解し、自分の強みをたくさん作れるように高校生活を過ごしてほしいです。

3学年家庭研修に向けて

 3学年期末考査が無事に終わり、明日から家庭研修となります。
学年集会では、各担当の先生より家庭研修に向けての話を頂きました。
家庭研修は次のステップへの準備期間です。
この期間を有意義な時間になるようにしてほしいものです。

未来を拓く学びプロジェクト

 未来を拓く学びプロジェクトの一環として、ジグソー法を用いたアクティブラーニングの公開授業を行いました。グループで活発な意見交換をしながら、問題に取り組むことができていました。

高校生活最後の授業

 3学年は来週1月28日より期末考査を実施するため、本日で高校生活の授業は最後となりました。
最後の試験でよい結果を得られるよう勉強を頑張ってほしいです。

3年生歌練習

 感恩祭(3年生を送る会)の歌練習を行いました。
本番をお楽しみに!

学校見学会

中学生の皆さん、受験勉強は順調ですか?

1月26日(土)に本校にて学校見学会を実施いたします。
今までの説明会等に参加したことがある人も、一度も来たことがないけど三郷北高校に興味を持った人など大歓迎です。
当日は個別相談を行いますので、気になることがあったらなんでも質問してください。

当日の実施内容

平成30年度 第3学期始業式校長講話

第3学期始業式 校長講話

平成31年1月8日

 

 皆さん、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 まず、ギャラリーを見てください。球技大会の時からありましたから気がついた人もいたかもしれません。「この一瞬に全てを懸けろ」の二枚の横断幕です。これは同窓会の皆さんから現役の三郷北高生へのプレゼントです。横断幕はずっとここにおいておくものではありません。皆さんが部活の大会の時に会場に掲げて頑張ってもらうためのものです。ぜひ、大会の会場に掲げて、この一瞬に全てを懸けてほしいと思います。

 2週間の冬休みが終わりました。冬休み、いい言葉、素敵な言葉に出会えたでしょうか。私は冬休みの直前に、いい言葉というか、自分自身の心に引っかかる言葉に出会いました。

 「『こうなりたい』と生まれてくる人はいない。この世に生まれてみたら『こうだった』だけ」という言葉です。ちょっと辛い言葉ですよね。

 私は、この言葉に「でも、私は『こうなりたい』と生きていく」と続けてみました。皆さん、どうでしょう?

 さて、2学期の終業式で振り返りをしてほしいとお話ししました。二つのことやってくれたでしょうか。もし、まだの人がいたら、すぐにやってみてください。

 そして、新年になりましたから、今度は目標を立ててください。もう立てた人もいると思いますが、目標の立て方があるので、聞いてください。

 「目標」には3種類あるって、皆さんは知っていますか。12月、外部の研修会で教えてもらったものです。

 一つ目は「成果目標」、二つ目は「状態目標」、三つめは「行動目標」です。繰り返します。「成果目標」「状態目標」「行動目標」の3種類です。

 一つ目の「成果目標」は目標がクリアしたかどうか自分でも他人でもすぐ分かる目標のことです。例えば、「部活で関東大会に出場する」とか「希望の大学に合格する」という目標です。

 二つ目の「状態目標」というのはクリアした時の自分の状態と他人から見た状態を目標とすることです。例えば、「関東大会で自分がチームを引っ張り活躍する。スタンドでは親が一所懸命応援してくれる」「大学からの合格通知で親も一緒に喜んでくれた。入学に備えて専門分野の勉強を喜んで始めた」という、自分や周囲の状況を含めた目標です。

 三つめの「行動目標」は文字どおり行動を伴う目標のことです。例えば「大きな声であいさつをする」「毎日、勉強を1時間やる」という目標です。

 私は「成果目標」「状態目標」「行動目標」の3つの目標の中で「状態目標」をしっかりと立てることが自分の幸せになる権利行使につながるんだと思います。「成果目標」「行動目標」は立てやすい目標ですが、立てやすい分だけ崩れやすいのかな、と思います。「状態目標」はよく考えないといけません。でも、目標を周囲の状況を含めている点で自分の中でイメージしやすいこと。そして、自分だけでなく他人との関係性の中で立てる目標という点で幸せになる権利を行使しやすいと思っています。

 年末、自分の状態がどうなっているか、どうありたいのか、しっかりとイメージして「状態目標」を立ててみてください。

 それでは、今年一年、ここにいる皆さんにとって、そして三郷北高校にとっていい年となることを願い、新年最初の私の話を終わります。

平成30年度 第2学期終業式校長講話

第2学期終業式 校長講話

 

平成30年12月21日

 

 皆さん、おはようございます。

 今日で2学期も終わり、明日から冬休みになります。そして平成30年も終わり、平成最後の年明けまであと10日。新聞でもテレビでも「今年を振り返って」とか「今年の10大ニュース」ばかりでなく「平成を振り返って」というような記事や番組がたくさんあります。学校の振り返りについては、先ほど全生徒会長に言われてしまいましたが、皆さんよく頑張ってくれました。特に、部活動。ハンドボール部、吹奏楽部を代表にどの部活動もよくやってくれたと思います。また、3年生。進路実現に向けてよく頑張りました。

 それでは、今年最後の私から皆さんへのお願いです。

 皆さんにこの一年の振り返りをしっかりやってほしい、これがお願いです。そして、振り返りをするときに二つのことをやってください。

 一つは良かったこと、悪かったこと、いろいろあると思いますが、良かったことと悪かったことを同じ数だけ挙げてください。良かったことだけ、あるいは悪かったことだけ、ということではなく、同じ数になるようよく振り返ってほしいと思います。

 誰でも良い面ばかりしかない、あるいは悪い面ばかりしかないという人はまずいません。良いことだけ挙げてしまうと改善点は見つかりません。悪いことだけ挙げてしまうと次に進む勇気が出てきません。ですから良いこと、悪いこと両方挙げるよう振り返ってみてください。

 次に二つ目です。振り返る時、「どうせ」という言葉で始まる振り返りは絶対しないこと。「どうせ」の後にどんな言葉が続きますか?「どうせ」の後には「バカだから」とか「弱いんだから」とか否定的な言葉しか続きません。そして、その否定的な言葉は自分自身の言い訳そのものになってしまいます。

 一年を振り返って悪かったことは挙げてほしいんです。でも、「どうせ」で始まる振り返りをしてしまうと未来へはつながりません。

 いろいろと皆さんにお願いをするのは、皆さんに「幸せになる権利を行使」してほしいからです。ですから、日頃から「どうせ」という言葉を使わない生活をしてください。

 そして、私からの宿題です。家に帰ったら校長先生が「振り返りをする時、良いことと悪いことが同じ数になるように振り返るように。『どうせ』で始まる言葉で振り返らないようにと話してた」とお父さん、お母さんにお話ししてください。

 それでは、年が明けた1月8日、皆さんの笑顔と会いたいと思います。良いお年を。

 以上です。

第3回学校説明会終了

 本日、第3回学校説明会を実施いたしました。

 体育館が改修中ということもあり、2部制で全体会を行いましたが、どちらの会も満席となりました。多くの方に三郷北高校への興味を持っていただき教職員一同うれしく思う一方で、立ち見の方が出てしまい大変申し訳ないと感じております。
 また、今回は吹奏楽部・軽音楽部のパフォーマンスを中庭にて実施させていただきましたが、演奏者との距離も近く満足していただけたのではないかと思っております。本日の説明会に参加された方は、アンケートへのご協力もよろしくお願いいたします。

 今後の生徒募集行事は1月11日(金)の夕方に実施するイブニング見学会と、1月26日(土)の学校見学会がございます。どちらも個別相談、部活動見学を実施いたします。受験するか迷っている方や、一度も見学に来たことがないけど興味を持った方など大歓迎です。詳細は後日HPにて告知させていただきます。

 

※本日の説明会でペンケースの忘れ物がありました。赤と黒のものです。お心当たりのある方は、学校までご連絡ください。

第3回学校説明会


中学生の皆さんこんにちは!受験勉強は順調に進んでいますか。

11月24日(土)に本校にて第3回学校説明会を実施いたします。
今回は学校概要説明3年生の進路報告吹奏楽部・軽音楽部のパフォーマンスと盛りだくさんの内容で皆さんをお迎えします。
また、終了後は部活動体験、個別相談も用意しておりますので、三北の隅々まで知ることができる一日になると思います。

当日は体育館の改修工事を行っているため、校内視聴覚室にて(第1部)三郷市内中学校生徒(第2部)三郷市以外中学校生徒を対象とした2部制で全体会を実施いたします。時間が異なりますので、下の要項を見ていただき、それぞれの全体会開始時間にお越しください。また、吹奏楽部・軽音楽部のパフォーマンスを希望の方は開始時間に合わせてお越しください。
第1部 10:00~  第2部 11:30~

くわしくは
こちら

2学年進路先別見学会

 進路指導の一環で各大学・短大・専門学校・企業にお邪魔させていただきました。
実際に見学したことで、進路決定に向けての意識がより高まったのではないかと思います。

  
  

薬物乱用防止教室

 吉川警察署の方に来ていただき、薬物乱用防止の講演会を実施しました。
講話の中で薬物乱用の恐ろしさを学ぶことができました。また、本校教員によるロールプレイングを通して薬物や喫煙、飲酒などの機会は意外と身近にあり、それをしっかりと断ることが重要だということも分かったのではないかと思います。


 

持久走大会

 11月13日に江戸川河川敷にて持久走大会を行いました。男子は15km、女子は10kmを走りました。
 
 

AED講習会

 11月13日に実施予定の持久走大会に向けて、教職員向けAED講習会を行いました。
今年度は三郷消防の方に来ていただき、AEDの使用法や呼吸の確認法などをレクチャーいただきました。

  

平成30年度11月朝礼 校長講話

平成30年11月1日


 みなさん、おはようございます。

 いよいよ11月。今年度も残りは5か月になってしまいました。

 先月は2年生の修学旅行に一緒に行かせてもらい、2年生の皆さんの楽しそうな笑顔を見られ、改めて三郷北高校の校長で良かったと思っています。

 今月は再来週に持久走大会もあります。そこでも皆さんの「いい顔」が見たいなと思っています。

 さて、3年生の皆さんは、これまでの努力を実績に、就職や進学にチャレンジし、すでにいい結果をもらった人もいると思います。これまでの努力がこれからを決める。だから、努力をしなければならない。私も、ずっとそう思ってきました。

 ただ、最近、逆のことを考えるようになりました。これから先の生き方が、これまでの自分のいろいろな出来事、失敗も含めてですが、いろいろな出来事の意味や価値を決めるのではないかな、ということです。

 そんなことを考えていて、今朝の朝日新聞の投書欄に「これからが、これまでを決める」という投書が載っていました。自分でうっすらと考えていたことが他人の文章で確認でき、「ああ、このことなんだ」と納得できました。

 今まで、自分なりにはいろいろなことにチャレンジしてきたつもりです。そのたびに、それまで意識してこなかった自分自身の失敗を含めた経験を思い出し、その経験が役に立つことが多かった気がしています。皆さんは、これからを生きる若者です。前から皆さんにお話ししているように、皆さんには「幸せになる権利」があります。その「幸せになる権利」を行使するために、今、役に立つか、立たないかを判断せずに、なんにでも取り組んでください。その取り組んだことが、この先、生きていく上で意味のある、価値のあるものになるんじゃないかなと思います。

 そして、何にでも取り組んでいく時、できれば苦しそうな顔をしないで、自分の一番いい顔で取り組んだら、「幸せになる権利」は自分の手元に近づいてくるんだと思います。

 今年度、残りの5か月、皆さんの笑顔と活躍をこの目に焼き付けたいと思っています。以上です。



第2回学校説明会終了

 第2回学校説明会への参加、ありがとうございました。
前日からの雨もあり、屋外の部活動は体験ができなかったのが残念です。
11/9(金)のイブニング見学会や11/24(土)の学校説明会でも部活動体験は実施いたしますので、そちらでご参加ください。
 また、本日参加された方は、アンケートへのご協力もあわせてお願いいたします。

修学旅行終了

帰りの飛行機は2便に分かれての搭乗となりましたが、どちらも無事羽田空港に到着しました。
大きな怪我や病気もなく無事に全員解散となりました。

修学旅行最終日

名残惜しいですが、民泊でお世話になった方々とお別れです。
離村式を行って、これから国際通り見学をして埼玉に戻ります。
大きな怪我人や病人も出ず元気に活動しています。

修学旅行3日目

本日は終日民泊体験でした。
各ご家庭で様々な体験ができました。

修学旅行2日目

修学旅行2日目はマリン体験、美ら海水族館見学、沖縄文化体験のコース別活動でした。
様々な体験をして沖縄の良さを深く学べた思い出に残る一日となりました。

修学旅行初日平和学習

初日平和学習無事終了しました。
天候にも恵まれ、平和祈念公園、ガマ体験、ひめゆりの塔の3か所を見学できました。

2年生修学旅行

2学年修学旅行生徒273人で無事出発です。沖縄の文化や歴史の学習をしてきます!

第2回学校説明会

中学生の皆さん、こんにちは!!
10/27(土)は本校にて第2回学校説明会を実施します。
内容は以下のとおりです。

公開授業(全クラスで実施。授業や生徒の様子、施設などをみてみてください。)
全体会(体育館にて、学校の概要等をくわしくお話しします。)
部活動体験(3年生も体験可能。実施一覧は後日提示します。)
個別相談(様々な疑問にお答えします。)
ALT英語レッスン(Let's speak English!楽しく英語を話してみましょう。)

詳しくは 
こちら


左がALTのアダムです。みんなと話せるのを楽しみにしています。

イブニング見学会

中学生の皆さん
放課後の三北を見てみませんか!?

今年度より新たにイブニング見学会を実施することになりました。
部活動体験・見学も実施しますので、入学後の学校生活のイメージがつくのではないかと考えています。


※入退場自由・事前申込不要
※体験・見学可能な部活動一覧は10/2(火)までにお知らせいたします。

平成30年度 第2学期始業式 校長講話

 第2学期始業式 校長講話

 みなさん、おはようございます。

 夏休みも終わり、今日から三郷北高校の2学期が始まりました。猛暑の中、この夏休みも、三北生の皆さんはよく部活に励んでくれました。吹奏楽部が西関東大会出場を決めてくれました。楽しみにしています。3年生、進路希望実現に向けて納得のいく活動はできましたか。やっても、やらなくても時間は過ぎていきます。だったら、できることからしっかりとやっていきましょう。

 2学期は、しひの実祭、2年生の修学旅行、持久走大会など、大きな行事があります。三北生のみなさんの力を、お父さんやお母さん、そして先生たちに見せて欲しいと思っています。

 さて、毎年、二学期の始業式には防災に関するお話をしています。なぜだか、みなさんは分かっていると思いますが、確認をしておきます。

 9月1日が防災の日で、8月30日から9月5日までが防災週間だからです。す。今から90年以上前、1923年9月1日に死者、行方不明、約10万5千人という関東大震災が起こり、この大参事を忘れないために設けられたのが防災の日です。

 私はみなさんよりもだいぶ長く生きてきましたので、大地震や台風による災害をいくつかは経験しています。大人になってからは、経験するたびに災害に対する準備をしなければと思いつつ、日が経つと忘れてしまい、また地震があったりすると、「そうだ、そうだ準備を」と思いながらほとんど何もしない、ということが続いています。

 みなさんの中にも、7年前の3月11日の東日本大震災を覚えている人もいると思います。また、3年前には鬼怒川が氾濫し、下流の茨城県で大きな被害がありました。今年も6月18日に起こった大阪府北部大地震、7月には亡くなった方が100人を超えた西日本豪雨、続きざまに災害が起こっています。

 本当に災害はいつ来るか分からないんです。その時の備えをしましょう。三郷北高校でも、7月19日に体育館からの避難訓練を初めて実施しました。ただ、まだ学校としてやらなければいけないものもたくさんあると思っています。例えば、水害です。三郷北高校はその備えをしていないな、と考えています。 

 この三郷あたりは昔から水害が多くあった地域です。最近は川の改修も進み、ちょっとした台風では水害は起こらなくなりましたが、皆さんのお父さんお母さんが子どもの頃にはずいぶん被害がありました。今の東武スカイツリーラインの獨協大学前駅西口などは腰のあたりまで水につかってしまうということがたびたびありました。

 仮に、今回の西日本豪雨のような雨が降り、中川や江戸川が氾濫した場合、三郷北高校も2メーター以上の水に沈むことになります。校舎の1階は完全に、2階も床部分には水につかるかもしれません。これは洪水ハザードマップの資料に出ています。

 スマホでもパソコンでも自分の住んでいる市の名前と「洪水ハザードマップ」と入れて検索してみてください。自分の家がどうなるかが分かります。予想がつけば、対策も立てられます。ぜひ、自分で検索しておうちの人と話をしてみてください。

 2学期のみなさんの活躍をこの目に焼き付けたいと思っています。以上です。



進路実現に向けて

夏休み中ではありますが、多くの3年生が登校して面接練習や補習・小論文指導などを受けています。
「夏を制する者は受験を制する」とも言います。
充実した夏を過ごすことによって、希望する進路の実現をしてほしいです。

避難訓練

 体育館で全校集会 → 地震発生!!
その後、校庭に避難しました。(これは訓練です)
三郷市消防本部の方を招き、消火訓練、降下訓練、煙体験を行いました。
実際に災害に遭ったときに今日の経験が生きてくると思います。

球技大会結果

 2日間で実施された、球技大会は無事に終了しました。
優勝チームは以下のとおりです。
男子 サッカー 2-6
   バスケ  3-6
女子 ドッヂ  2-2
   バスケ  2-5


今回は2年生が健闘しました。
負けるな1年生、3年生!!次回の球技大会は2学期末に実施します。

1学期球技大会

 7/17、7/18の2日間を利用し、球技大会を実施しています。
男子はサッカー・バスケットボール、女子はドッジボール・バスケットボールにて熱い戦いを行っております。
どのチームが優勝するかが楽しみです。
結果をお楽しみに!!

部活動体験・見学


中学生のみなさんこんにちは。

今年度も部活動体験・見学週間を実施いたします。

三北の部活ってどうなんだろう?
厳しいのかな?
高校で新しい部活動を始めてみたいな。
部活動を引退して時間があるから行ってみようかな?

そう思ってる中学生の諸君。
ぜひこの機会を利用して三郷北高校の部活動を見に来てください

日程:7/23~7/27
実施部活動詳細:
部活動体験一覧7/22現在 )
集合・全体説明:①10:00~ ②11:30~
受付場所:校舎2F会議室

当日は校門入って左の校舎の2階事務室前玄関から校舎内にお入りください。
事前受付は実施いたしません。当日受付のみ行います。
上記の全体説明の時間にお集まりください。
体験を希望する場合はシューズや運動着等も持参してください。

期末考査終了

4日間で実施した期末考査が無事に終了しました。
あとは結果を待つのみです。
そして、今日から部活動も再開されます。
暑さに負けずにがんばれ、三北生!

1学年進路講演会

 本日、総学の時間を利用し1学年進路講演会を実施しました。
進学して何ができるのだろう。お金はいくらかかるのかな?
就職するにはどうしたらいいのかな?
といった話を、本校進路指導部の教員から詳しく聞くことができました。
長いようで短い3年間です。希望の進路実現のために頑張ってほしいです。


暑いぞ三北!

 梅雨はあけてませんが、真夏日のように暑い本日の三郷北高校。
一方生徒は、エアコンがついた快適な環境で授業を受けております。

東部地区進学フェア案内

 8月18日(土)に春日部ふれあいキューブにて東部地区進学フェアに三郷北高校が出展いたします。学校生活や進路に関してなど質問にお答えいたします。
たくさんの中学生・保護者の来場をお待ちしております。

詳しくはこちら

除草

 本日、LHRの時間を利用し全校生徒で除草を行いました。
前日の雨もあり、除草をするには最高の日でした。
学校全体がきれいになったように感じます。

 

3学年進路講演会

 就職希望者対象に就職アドバイザーの髙野様をお招きし『企業が求める人材とは』という内容の講演をしていただきました。また、進学希望者対象に本校教員による『志望理由書の書き方』『キャンパス見学について』という内容の講演を行ないました。
 5月に入り、多くの生徒が進路実現に向けて意識が高まっております。希望の進路実現に向けて頑張ってほしいものです。

公開授業(5月12日)

 5月12日(土)に本校にて公開授業を行います。
本校在学生徒の保護者や、小学校・中学校等の学校関係者を対象に公開を行ないます。

実施授業一覧はこちら → 
公開授業実施一覧

5月全校集会 校長講話

皆さん、こんにちは。

 今日はこの後、離任式があります。今年の3月まで皆さんがお世話になった先生方がここでお話をしてくださるはずです。今日、お出でいただいた先生方の三郷北での最後の授業です。しっかりと聞いてください。きっと、皆さんが三郷北に来て良かったと思う話をしてくださるはずです。

 さて、私も毎月のように皆さんにお話をしていますが、お話をしたり、何かを伝えたりするのは難しいものだと思っています。

 皆さんにも自分の思いは、それなりにあって、伝えたいことは自分ではわかっているのに上手く伝えられない、っていうことがあると思います。そして、伝わらないと、「他の人は私のこと、分かってくれない」といじけたり、へこんだり、時には他人を恨んだりすることもある。

 ちょっと想像してみてください。赤ちゃんが大声で泣いている。赤ちゃんは何か思いがあって泣いているんです。ミルクかな、おしめかな、どこか痛いのかなって。でも分からないんですよ。何を訴えているのか。赤ちゃんのお母さんだったらきっと分かると思うんですが、私は父親だったので、子どもに泣かれるとどうしていいか分からなかったですね。

 そんな赤ちゃんが泣いているのと同じように、自分の思いを一所懸命大声でわめくように伝えようとしている人が皆さんの中にもいます。そして、さっき言ったように、「分かってくれない」といじけたり、すねたり。ちょうど中学生、高校生の時期って考える力が付きますから、いろんな思いを持つんです。でも伝える力はそれほどはつかない。そんな時期です。でも、いじけたり、すねたりでは本人にとっても、周りの人にとっても愉快なことではありません。

 ですから、皆さんには伝える力を付けてほしいと思っています。伝える力の基礎力は言葉です。言葉を知ることが伝える力につながります。漢字検定に向けての勉強も、単に資格を取ることを目的にやっているんじゃないんです。日本語の言葉は漢字を知ることで意味が分かり、使えるようになるものです。また、本を読んでも内容がより深く自分の中に入ってくるようになります。ぜひ、言葉を知り、伝える力、理解する力を付けるために漢字検定に取り組んでください。伝える力が付くと周りの人たちとの関係性も豊になります。自分の人間性も豊になります。

 私が実践している、他人に自分の思いや考えを伝えようとする時のポイントを一つ皆さんに紹介します。

 それは、「誰が、誰に、何を伝えるのか」を考えることです。例えば「誰が」、「約束を忘れた自分」なのか「友達」なのか、「何を」、「謝る」のか「お願い」なのか、これで言い方や態度も変わります。

 もう一度言います。「誰が、誰に、何を」これを覚えておいてください。きっと役に立つときがあると思います。

 これで私の話を終わります。

二者面談

三郷北高校ではこの時期、面談期間を設け学校全体で二者面談を行っています。
特に3年生では具体的な志望校や志望企業を決定する時期でもあります。

 

部活動風景

 新入生の加入部活動も決まってきて、どの部活動も活発に活動しています。
2年生には後輩ができたことにより、先輩としての自覚がでてきているようです。
  

3学年進路行事

 昨日は進路先別説明会、本日は面接対策のDVD視聴を実施しました。
三郷北高校では、推薦入試・AO入試を利用しての受験や、就職試験を受ける生徒が多数おります。
そのため3学年では面接対策を入念に行っております。

 

対面式

39期生にとって初めての学校行事「対面式」が行われました。
生徒会長歓迎の言葉から始まり、スライドによる行事紹介や校歌披露がありました。
新入生決意の言葉では、「三郷北高校の伝統を受け継いでいきます」という力強い言葉が述べられました。

  

PTA・後援会総会の御案内


 5月21日(土)に行われる、PTA・後援会総会・歓送迎会の案内を本日、生徒に配布いたしました。

保護者の皆様は、案内を御覧いただき出欠票の御提出をお願い致します。

 総会の前には、学生食堂の試食会・公開授業がおこなわれます。詳しくは案内を御覧ください。

入学式

  本日、第39回入学式を挙行いたしました。

新入生の皆さん入学おめでとうございます。

青春の夢の実現のために日々努力していきましょう。

教職員一同、全力で応援していきます。


 
校長式辞を掲載します。→30.04.09 入学式式辞

【学校自己評価シート】

平成29年度学校自己評価シートを掲載しました。
左のメニュー・学校自己評価シートから御覧ください。

平成29年度も終わります。ありがとうございました。
平成30年度も三郷北高校をよろしくお願いします。

校内の桜が満開です。

平成29年度修了式

3月23日(金)平成29年度修了式を行いました。
【表彰式】
球技大会、ハンドボール部、男子バレー部、吹奏楽部、書道部、美術部
英語検定、漢字検定
みなさん、おめでとうございます。
【校長講話】
「いい言葉を集めてほしい。集めたいい言葉を使ってほしい」という話しを3学期始業式でしましたが、ピャンチャンオリンピック、パラリンピックで集められたのではないでしょうか。
先月、アメリカで銃の乱射事件がありましたが、その後のアメリカ全土の高校生たちが銃の規制を求めて集会を行いました。
社会は自分たちではどうにもならないとあきらめず、皆さんも自分たちがこれからの社会を作っていくんだと思ってほしい。特に、これから選挙権をもつ2年生は意識してほしい。
日本でも震災後、多くの若者たちがボランティアとして被災地に入りました。他人のため何かしようという若者を見ると安心します。
平成29年度、お世話になった方に感謝を。そして平成30年度、皆さんが、三郷北高校がさらに成長することを願っています。